銀行の中でも、店舗を持たず、インターネット上で経営をしているのがネット銀行です。

近くに支店がなくても、口座を開設でき、預金や引き出しは提携している銀行やコンビニのATMで行えます。

ネット銀行でも銀行の一種ですから、融資ももちろん扱っており、住宅ローンを申し込むことが可能です。

手続きの方法としえは、口座を持っていれば、ログイン情報で自分専用のページを表示させて、そこから申し込みをすることが出来ます。

口座を持っていない人であれば、まずは口座開設をしなければいけません。

そこから審査をするのは、普通の住宅ローンと同じ流れで、仮審査に通過してから借入申込書や本人確認書類、収入を証明する書類などを郵送します。

そこから書類を元に審査が行われ、契約、融資実行というのがおおよその流れです。

そこから返済をしていくのも、口座に入金をするだけで、あとは月々返済していくだけです。

ここで、担当者と会うことなく物事を進められるのは便利ではありますが、普通の銀行では出来る事がネット銀行では不可能となります。

それは金利の交渉です。

普通の銀行では、他の銀行のほうが金利が低い場合、借り換えを検討することもありますが、場合によっては今借りている銀行に交渉すれば今よりも下げてくれることがあるのです。

しかし、ネット銀行の場合には、そういった交渉も含めて様々なコストなどを削った結果、普通の銀行よりも金利が低く設定されています。

住宅ローンの申込をするときには、そのことを十分に考慮して、検討する事が必要です。