現在の住宅ローンが1000万円以上在って、返済期間が10年以上在る場合、借り換えを行う事で金利差に応じて返済額が減ると言ったメリットが生じます。

このメリットは利息が減る事で効果が高くなる事からも、住宅ローンの借り換えには金利について注目する事がポイントになって来ます。

尚、住宅ローンの借り換えを行う時にお勧めなのがランキングサイトを利用する方法です。
このサイトには人気の高い銀行の住宅ローン、利息を減らせるお得なローンが順位づけして紹介しています。

数多く在る銀行などの金融機関の中からお得なサービスを展開している金融機関のローンが利用出来るようになります。

一般的には、銀行のホームページにアクセスをしてローン利率などをチェックして、利率が低い金融機関を探すと言った方法で行う人がいます。

しかしこれは、利用出来る金融機関は多数在るため、一つ一つ銀行のホームページを巡回しているのでは手間もかかりますし、仕事が忙しい人などには不便な方法と言えます。

 

その点、ランキングを利用すれば金利が何パーセントになるのかと言った事を知ることが出来ますし、保証料がゼロになる銀行を探し出すことも出来ます。

この保証料は毎年0.2%前後の年利になると言われており、30年のローンで3,000万円の場合であれば60万円以上の保証料がかかる事になるわけです。

例えば、40万円のコスト削減をするために、余計なお金が60万円も必要になるとなれば、ローンをそのまま利用していた方がお得です。

そのため、保証料が無い銀行を探したい場合などでも便利な存在と言えます。

 

住宅ローンを借り換えする際人気のある銀行を比較する

住宅ローンには変動金利と固定金利があります。

固定の場合は3年、5年、10年などと区切りを用いており契約した時の金利がその期間の間適応されています。

金利の変動に左右されないため安心ですが、逆に金利が下がった時などは余計に払うことが多くなり損をすることがあります。
マイナス金利が導入され、住宅ローンの借り換えを検討する人が増えています。

マイナス金利となると住宅ローンも何パーセントか下がることが予想され、大手銀行ではすでに金利の引き下げを発表しています。

ほんの何パーセントか低くなるだけですが借りている金額が多いほどトータルで返す金額が変わってくるので慎重に検討する必要があります。
住宅ローンの乗り換えをする銀行を比較する時、まず人気のある銀行から考えます。

人気のある銀行は金利が低いことの他、保証料がかからない、繰り上げ返済に関しての手数料がかからないといった特典をつけています。

イオン銀行などの流通系の銀行では、買い物をする際何パーセントか割引をしているところもあり生活面でのメリットも打ち出しています。

一般的な銀行とは違いインターネット上での取引となることが多く、人件費がかからないため金利が低くなっています。

ですが、借り換えを検討する際は諸経費が安くても20万、多ければ50万ほど初期にかかってきます。

今の金利と比較をした場合、大差がないこともあるので、各銀行のホームページにあるシュミレーションを利用するようにしましょう。

慌てて変えてしまうと結果的に支払額が多くなるので注意します。